純白ダイヤ入りの指輪

 三キャラット以上もありそうな、純白ダイヤ入りの指輪だ。陽子は蝋細工のような細い指にはめてみて、じっと眺めた。欲しいな、と思った、欲しい! しかし、この指輪に換えるだけの宝石を、残念ながら、持ち合せていない。もし是非ともこれを望むとすれば、纏《まとま》ったいくらかの金をたしまえとして渡さなければなる...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 10:18 am  

ポケットのダイヤ

 世の中に出たのはいいけれど、私は籠の中のように、平和に眠る事が出來ません。私は苦しい旅ばかりそれからつづけました。けれど、私の羽根はますます丈夫になり、私は、だんだん心も元氣になりました。この森へやっとたどりついた時には、私は、もう相當年をとりました。私は三年も旅をつづけて、やっと、この安樂な森へ...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 10:17 am  

勇氣を出して飛びました

 夜が明けて來ますと、私はもうまばゆくて珍らしい世界をみる事が出來ません。陽がぽかぽかとてりつけて、軒下が妙に暑苦しくなり、私は眠くなりました。 その夜、私は、また、軒さきを出て、勇氣を出して飛びました。柔い土の上には、おいしい蟲の御馳走があります。私はお腹がいっぱいになるとまた飛びました。 三...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 10:16 am  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0351 sec.

http://thebookgroup.co.uk/